携帯電話を使った小説の入力






先日、バスの中で目の前に立っていた人が、携帯電話で自作小説と思しき文章を猛烈な指捌きで打っているのを目撃しました。(見るつもりはなかったのですが、偶然画面が視界に入ってしまったので……)

今は「ケータイ小説」という一ジャンルが形成されているくらいですから、このように携帯電話で小説を入力する光景は珍しくはないでしょう。
しかし私見を正直に述べると、携帯電話で小説を入力するのは相当根気が要るのではないかと思えてなりません。パソコンと比べると一文字当たりの入力速度が遅くなりそうですし、文章の修正とかもかなり手間がかかりそうですし。

自分も過去に携帯電話での小説の入力を試みたことがあるのですが、短い文章を入力するのにもパソコンの何倍もの時間がかかってしまい、「やってられるかーー!!」と切れそうになりました……。(これは単に私が短気すぎるだけかもしれません。ちなみに携帯電話のメールについても入力は相当遅く、あまり長い文章は打てません)


そこで皆様に、下記のような事項について意見を募りたいと思います。
 ○携帯電話で小説(エッセイや論文といった他種の長文も可)を入力しているか否か
 ○携帯電話で小説を入力する時に特に留意していること
 ○携帯電話で作品を書き上げる所要時間
 ○入力媒体(携帯電話orパソコン)で作品の質に差が出るか否か
 ○その他、携帯電話で小説を入力することに関して皆様が感じていること


自分は短気すぎて、携帯電話で小説を打つことはもう諦めてしまってますが、もしよろしければ是非「携帯電話で小説を打つこと」に関して様々な意見を聞かせていただきたく思います。







回答

○携帯電話で小説(エッセイや論文といった他種の長文も可)を入力しているか否か
パソコンが手元にない際に思いついた部分を入力する程度で、携帯で一作を完結させたことはありません。

○携帯電話で小説を入力する時に特に留意していること
バランス、でしょうか。
パソコンと比べて全体を見ることができないので。

○携帯電話で作品を書き上げる所要時間
一作を書き上げるとなると、倍はかかるかと思います。
(実際書き上げたことがないので、予測で申し訳ないですが)

○入力媒体(携帯電話orパソコン)で作品の質に差が出るか否か
雰囲気や表現などに差は出るかもしれませんが、質に差が出ることはないかと思います。

○その他、携帯電話で小説を入力することに関して皆様が感じていること
私は小説を書く際、メモ帳を愛用しています。
なんとなく文章がすらすら出てくるのです。
なので私の場合は、携帯とパソコンだけでなくワードやエクセルで打つのにも差が出るのではないかと思います。
今のところ私は携帯をメモがわりに使っています。
どこでも扱えて、そういう面では利用しやすいですから。




⇒ケータイ小説 徹底解剖 TOP


感動するケータイ小説






どんな話でもイイヵラすごい泣ける小説教えてください。

メジャーなのでもマイナーなのでもケータイ小説でもイイです。






回答

「塩狩峠」・・三浦綾子
これを初めて読んだ時、感動で茶碗いっぱい分位の涙がでた
記憶があります。

「レ・ミゼラブル」・・ビクトル・ユゴー
この本は、自分の生涯に50回の読書記録を
目標にしましたが、まだ、5回しか読んでい
ません。長編ですので、かなりの根気をもって
読んで見てください。最後部分で涙が
ドンブリいっぱい分位溢れると思います。

他に
「アンクル・トムの小屋」・・ストウ夫人
なども挙げておきます。




⇒ケータイ小説 徹底解剖 TOP


オススメの小説






オススメの小説があったら、教えてください。
ケータイ小説とかでも、いいですが。

ほとんど、読んでしまいました。
私は11歳なので、できるだけ、大人系のものは、嫌です。






回答

もし、まだ読んでいないなら
「アルジャーノンに花束を」ダニエル・キイス作
のケータイ小説をお勧めします。

ちょうど良い小説だと思います。
とても読みやすく、今まで映画化・ドラマ化もされていますが
原作の感動には到底かないません。名作ですよ。

ただ、文庫でも840円するので、ちょっと高めですけど
たぶん、ケータイ小説を読み終わった後ぱも友達に勧めたくなるはずです。




⇒ケータイ小説 徹底解剖 TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。